未分類

バウムクーヘン

更新日:

バウムクーヘン!

これは言わずと知れた、ドイツに代表される伝統的なお菓子!

木の年輪を思わせる生地の模様は、何層も重ねて丁寧に焼き上げた結果からなんですね!

バウムクーヘン名前の由来は、バウムはドイツ語で木を意味する言葉で、続くクーヘンはお菓子なんですね!

ドイツの言葉そのまんまです(汗)。

多分食べた事がない人がいないのでは?
今や日常に溶け込んだお菓子、スイーツですよね!
それでですね、このお菓子の歴史がめっちゃ古いんですよ!
驚きますよ。
原型とされる作りは、紀元前ギリシアのオペリアスという木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたのもが発祥と記録されていたり、中世のポーランドとも、ドイツでは元祖をめぐる争いまで・・・などと!わぉっ(汗)
美味しい影には歴史あり、ですか〜?

それはさて置いて結婚式の引き出物や贈り物、プレゼントに大活躍のスイーツです。何か豊かな美味しいスイーツって感じるんですが、如何でしょう!
コンビニでも売っていますが、それほど普段の生活にも大いなる存在を示しているんですよね!

このバームクーヘンは結婚式の引き出物によく入っていますが、年輪を意味しています。結婚する二人に、末長くしあわせに年を重ねてほしいという意味が含まれて、結婚式の引き出物になったんですね、縁起の良いスイーツです。

そしてお皿やスプーンも入っている事が多いんですが、それはしあわせのおすそ分けを皆さんにという思いが込められているんです!

バームクーヘンってハッピーですごいお菓子なんですね!
深い〜!

テレビなんかでケーキ職人さんがバウムクーヘンを何層にも回転させる機械で焼いているのを目にしますが、この焼き方で層を均一に焼くのが難しいんではないかとおもいますよ!
やはり美味しいバームクーヘンを焼けるまでには、厳しい修行が必要なんですね!

基本の材料なんかは、小麦粉、バター、砂糖、牛乳、卵、ベーキングパウダーと見る限りでは単純な材料と思うんですが、これがどうしてなかなか奥が深そうなスイーツとおもいますぅ〜!

表面にチョコレートなどをコーティングしたものなんかもありますね!
アレンジもなかなかデリケートな感じとおもいます。

職人さんが使用している機械も、バウムクーヘン専用に作られた回転するオーブンみたいですよね!

仕上がったバウムクーヘンの切り口は非常に綺麗で輪の層も均一に整ってるのは凄技です。

美味しさの秘密、しっとりした生地の理由は卵にあるようです!

これは白身と卵黄を別々に泡立てて、卵黄のもつ乳化性と白身のもつ気泡性が決め手になるようです!

このしっとりとした口あたりが、なんとも言えない風味を感じさせる、それが美味しさの特徴ですね!

ふんわりしっとり心地よい食感は味わい最高です!
あっと、ハード系で少し固めのしっかりした、食べ応えが有るタイプもありますよね!

それに合わせる飲み物は、やはり紅茶で頂くのが良いかなぁ〜!

もちろんコーヒーでも良いですね! 

日本人なので緑茶もあり(笑)!
なんでも良いんかい(笑)!
・・・自分突っ込み。

さてさてバウムクーヘンは専門店もあることから、本格的なもの、スーパーやコンビニなどで手に入る物まで幅広いですね!
人気が有るってことでしょうね!
そういえば地元のショッピングセンターにも専門店があったなぁ〜!
でも本格的な物は一般的には販売されていないような気がします。

専門店ありきで、本物を美味しく作れないって事なのかもしれませんね!
だからこそ専門店のバームクーヘンには、他では味わえない特徴や格別な美味しさがあるんだと思います。

ひとくちサイズの物もありますし、ちょっとした手土産やホームパーティーには、ちょっとオシャレに活躍すること間違いないですね!
・・・流石に手作りは出来ないですが〜(汗)!

3時のティータイムに、くつろぎのひと時のそのお供に、これはハッピーなもってこいのスイーツかと思います。

ん〜良い香りです!
それでは今日も良いティータイムを!

アド1

アド1

-未分類

Copyright© 極上スイーツでカフェ気分! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.