未分類

マドレーヌ

更新日:


マドレーヌ

貝殻の形をした焼き菓子!
フランスを代表するスイーツですね!

知らない人はいないでしょう?
使用材料はパウンドケーキ(無塩バター・砂糖・薄力粉・ベーキングパウダー・卵と一緒なんですが、それにレモンを加えて爽やかな味わいに仕上がっている!
そんな感じでしょうか!

材料がシンプルなだけにご自身で作って見たいと思う人がいるかもしれませんね!
簡単に説明すると、バターを電子レンジ若しくは湯煎で溶かし、自然に冷ましておき、ボールなどに卵を入れて砂糖を加えて泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。薄力粉とベーキングパウダーを加えて、なめらかになるまで混ぜ、バターを入れてさらに混ぜて泡立て器をあげた時にとろっと落ちるくらいになると生地は完成です!ざっくりですがこんな感じです!
あっと、ここでは表記してませんが分量などは人数分個数によりますが正確に測る事をお勧めします。

わ〜っ説明アバウト(汗)!
本人食べるのが専門(笑)!
楽しめればそれでオッケー!
もちろん美味しさ……もです!

さてと、形も独特でホタテ貝をイメージするものが特徴ですが・・・!
知ってます?
マドレーヌの名前の由来は諸説あるようですが、このスイーツを作った女性の名前からと言われています。
起源の一説に興味深い物があります。
1755年にロレーヌ公スタニスラの召使をしていた女性が、厨房にあったあり合わせの材料でホタテの貝殻を使用して作られたのがマドレーヌになった・・・と!

まぁ〜難しい事はさておき、これ又風味豊かで食欲そそる香りと雰囲気、一口?サイズがよいですよね!(一口では食べないですね、笑)。

さてさて、この美しき名前のお菓子マドレーヌは、アレンジマドレーヌも数多くあります。
基本のレモン香るマドレーヌから、10月という事でハロウィン使用でパンプキンマドレーヌ(お子さんは喜ぶでしょう)やクリームチーズを使って風味豊かに仕上げたものや、シナモンの香りを添えたシナモンマドレーヌ、秋には欠かせない日本ならではのサツマイモを角切りに小さく切ったのもを入れたマドレーヌ、オレンジやアップルマドレーヌ、蜂蜜マドレーヌに、チョコレートを使用したもの大人のビター系で深味を加えて、日本文化の極め付けではないですが、最近は抹茶などは人気があるのではないでしょうか!
それほどアレンジが幅広く存在しますよね!

これだけ応用が利く焼き菓子も他にはないかもしれませんね!
写真のマドレーヌは貝の形では無く、それにアーモンドスライスが入っていて風味を深めています。
形は円形なのですがマドレーヌに間違いなくそのものです!
今は色々な形が応用されて様々なのがありますね!
角形やハートもあり形も色々アレンジされている事から楽しさも倍増ですね。
ご自身でスイーツや焼き菓子を良く作られる方は、益々チャレンジする事が楽しくなるのでは無いですか・・・?
・・・私は食べるのが専門ですが(笑)!

スイーツショップの店頭には良く目にするかとおもいます。
最近はオリジナル性を出すために、ホタテの貝デザインでは無くカップものや花をデザインしたものなど、春先などは桜の花を型どったものなど、秋には紅葉もありかもしれませんがアイディアは尽きないようです!

友達の家に招かれた時には、詰め合わせセットなども売られていてちょっとした手土産には良いですね!
又はホームパーティーに迎える時なども!!

飲み物、ドリンクは、これには矢張り紅茶ですか?
もちろんコーヒーだってよいですよね!
アレンジの素材の味にもよりますね!
ハーブティーも良いかもです!
・・・何でも良いんかい〜(笑)!

何れにしても美味しく楽しい事には間違いなさそうです!
気の合う友達と、またまた女子会(男子会?)のトークの引き立て役に!!
ハートの形のマドレーヌを食べながら、恋話に大いに話題を楽しみながら!!!

マドレーヌで気の合う仲間と盛り上がって、楽しく良いスイーツタイムに出来たら最高ですよね!

アド1

アド1

-未分類

Copyright© 極上スイーツでカフェ気分! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.